ビットコインの安全性について

ビットコインに代表される仮想通貨については、不正流出事件や詐欺などの横行により、安全性を疑う声があることは否めません。
しかし、そういったトラブルは、仮想通貨そのものの技術的な問題が原因ではありません。
ビットコインには、以下のように安全性を高める様々な技術が導入されています。

一つ目は、「全部の取引記録を公開している」。
ビットコインは、全部の取引記録をネット上の全ビットコインユーザーで共有および監視をしています。
Aさんが100BTCをBさんに送金するといった場合、その取引記録が全ビットコインユーザーに共有されるということです。

二つ目は、「マイニングで整合性をチェックしている」。
マイニングとは、取引記録の内容をチェックするという仕組みです。
ビットコインの取引記録をまとめた物は「ブロック」と呼ばれ、これを鎖のようにつなぐ(ブロックチェーン技術)ことで、ビットコインの台帳は成り立っています。
そのためには、取引記録に整合性があることが必要ですが、それをチェックするのはビットコインユーザーのPC演算です。
一言でいうと、ブロックが提示する問題をPC演算で答えることでチェックしているのです。
そのチェック作業をした人には、報酬としてビットコインが与えられますが、この作業が「マイニング」と呼ばれています。
ちなみに、マイニングを行う人は「マイナー」と呼ばれています。

三つ目は、「取引の改ざんはできない」。
ビットコインは、上述のようにマイニングで取引の整合性を確かめています。
仮に、悪意を持ったマイナーが取引記録を改ざんしても、そのブロックから提示される問題は内容が変わってしまうので、別のマイナーによる問題の説き直しが行われます。
そのため、思いどおりに改ざんすることはできないようになっています。

四つ目は、「電子署名で匿名性が確保されている」。
ビットコインには、銀行口座でいうところの口座番号に当たる「ビットコインアドレス」という物があります。
ビットコインは全部の取引記録が公開されていますが、その中における個人情報はこのビットコインアドレスだけなので、取引の透明性と同時に匿名性も確保されているのです。

五つ目は、「少額から取引できる」。
ビットコインの単位として一般的に知られているのは「BTC」ですが、それよりも小さい「Satoshi」という単位も実はあります。
1Satoshiは0.00000001BTCなので、少額からでも始めやすくなっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする