アービトラージはチャートを使う必要は無いのか

仮想通貨で取引している方々は、チャートを注視している事も多いです。チャートは、売買サインなどを確認する為に使われます。トレンドを見極めるために使われる事も多いですが、アービトラージで取引する時もチャートを活用する方が良いでしょう。

アービトラージはチャートを見る必要はないか

アービトラージで取引する時は、あまりレートは気にしなくても良いという声もあります。確かに、そのような一面はあります。アービトラージで取引する時は、基本的には価格差に注目する事になるからです。レートの数字も確認しますが、基本的には各業者間の差額に注目するのです。
差額に注目するような売買スタイルですと、レートが何円なのかはあまり重要ではありません。どちらかと言えば、各業者が提示している数字の差の方が大切なので、あまりレートを強く意識しなくても問題ないという声もあります。
確かにアービトラージは、トレンドなどを強く意識する手法ではありません。ですが、それでもチャートを見る方が良いでしょう。

約定拒否になる事がある

コインで取引するなら、どこかのタイミングで売買しなければなりません。基本的には誰かに買ってもらう事になるのです。
その売買は、必ずしもスムーズに成立するとは限りません。参加者の状況によっては、なかなか売買が成立しない事もありますから、注意が必要です。いわゆる約定拒否という現象が発生する事もあります。
そもそも約定が成立しない事には、アービトラージで利益を得る事もできません。スムーズに約定されなければ、かえって損失になってしまう可能性もありますから、注意が必要です。

約定しやすいタイミングをチャートで見極める

しかし、約定もトレンド次第です。ある程度トレンドを確認しておけば、約定率を高める事もできます。
どのような時にコインを売れるかというと、基本的には上昇トレンドです。コインのレートが下げ基調の時には、売りは約定拒否になりやすいと言われています。ですから確実にコインを売りたいなら、上昇トレンドかどうか見極める必要があります。
どうすればトレンドを見極められるかというと、上記でも少々触れたチャートです。チャートは、コインの動きを記録した値動きグラフになります。グラフが右肩上がりになっていれば、おおむね上昇トレンドであると判断できるでしょう。
ですからアービトラージという手法は、実はチャートは必要です。トレンドを知っておくに越したことはありませんし、上手く活用してみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする