FXの必要証拠金の計算方法

FXで取引する時は、必ず証拠金が必要です。どの通貨ペアで取引する時も必要なお金ですが、具体的に何円ぐらい必要なのか気になる事もあるでしょう。実はFXの証拠金は、自力で計算する事もできます。レートとレバレッジさえ抑えておけば、簡単に算出できます。

証拠金の基本は両替計算

そもそもFXは、外貨を両替して取引する商品です。両替する以上は、外貨のレートが基準になるのです。
例えば現在のユーロのレートが120円の時は、1ユーロ分の取引をしたい時には、単純計算で120円が必要です。もちろん10ユーロ分の取引を希望するなら、1,200円になります。それは、海外旅行に行く時と同じ計算式になります。
FXもそれは同様です。1,000ユーロ分の取引をするなら、単純計算で12万円は必要なのです。しかし必要証拠金の数字を見てみると、12万円ではなく4,800円になっているFXの業者が多いです。海外の業者であれば、もっと少ない証拠金で取引できます。

両替計算で算出した数字をレバレッジで割り算する

そもそもFXには、レバレッジというシステムがあります。レバレッジが大きければ、その分だけ大きなお金を動かすようになっているのです。上記のように4,800円になっている理由も、そこにあります。
現行のルールですと、FXの最大レバレッジは25倍になります。海外の業者は、もっと大きなレバレッジで取引できるのです。
証拠金を算出したい時は、上記の12万円などの金額をレバレッジで割れば良いのです。最大レバレッジは25倍になるので、12万を25で割り算すると、4,800円という数字が算出できます。
他の外貨もほぼ同様です。例えば1万通貨で50万円必要な外貨の場合は、最大レバレッジの25で割り算すれば、2万円であると算出できます。
海外の場合は、レバレッジは100倍や800倍などの大きな数字になっています。ですから必要証拠金も低めになる訳です。

FXの業者の一覧表でも証拠金は分かる

しかし実際には、上記のような細かな計算をするのは、あまり効率的ではありません。外貨のレートは細かく変動しますから、証拠金を手計算する機会はあまりありません。
幸いにも多くのFXの業者では、証拠金の一覧表を確認できます。毎日その一覧表は更新されますから、公式サイトや取引画面を見てみれば、具体的な証拠金は確認できます。
ですが、その証拠金の一覧表のページを見忘れてしまう事もたまにあるでしょう。ですから証拠金の算出方法は、知っておくに越した事はありません。レバレッジで割り算するという要点さえ押さえておけば、簡単に算出できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする