スポーツイベントは株取引のチャンスと言われる理由

何らかの大きなイベントがあると、株価も動くことがあります。スポーツ関連のイベントなどは、注目してみると良いでしょう。とりわけ建設関連の銘柄は、イベントに応じて動く事が多いです。

スポーツイベントで建設会社が受注する

スポーツ関連の大型イベントがあると、建造物が作られる事もあります。スポーツ競技を行う以上は、競技場やスタジアムなどを利用するでしょう。ですからスポーツのイベントがある前などは、何らかのスタジアムが建設される事もあります。
そしてスタジアムなどの競技場の建設には、多くの企業が関わってきます。スタジアム建設であれば、やはり建設会社が関わっているのです。大型のスポーツ施設のプロジェクトを受注して、建設に励んでいる企業も少なくありません。

スポーツイベントに注目して株取引するやり方

ところで企業の株価は、そのような受注との密接な関連性があります。建設会社としては、何らかの大きなプロジェクトを受注すれば、利益が発生するでしょう。ですからスタジアムなどを建設する際には、企業の株価が動く事もあるのです。
例えば大手のゼネコンなどがスタジアムの建設を引き受けますと、大きな予算が動きます。それをきっかけに、株価が大きく動く事もよくあるのです。
という事は、スポーツのイベントが開催される前には、株価も大きく動くことがあります。大手のゼネコンがスポーツ競技の施設を作るので、自然と株価も上昇する訳です。
ですからスポーツイベントの少し前の時期などは、株式投資で稼げる確率が高まる事もあります。イベントが行われる前に建設会社の株を買っておけば、利益が生じる可能性もあるでしょう。

イベントに関わる企業全般の株価が上がる

何も建設業だけではありません。スポーツイベントは、色々な業種に影響を及ぼすのです。
そもそもスポーツのイベントが行われる以上は、スポーツ関連のグッズも売れるようになるでしょう。多くの選手がスポーツの商品を使用しますから、必然的にスポーツ用品も売れるようになります。ですからスポーツイベントが開催される前は、関連株の価格が上昇する事も多いです。
それと警備会社です。大型のイベントが開催されるなら、会場の警備も行わなければなりません。という事は、警備会社の株価も高くなりやすいのです。
このように株式取引は、スポーツイベントとの密接な関連性があります。イベントの時期が近づいてきた時には、関連会社の銘柄に注目してみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする